アコムクレジットカードは借金があっても作れる?

 

 

アコムのACマスターカードは、ショッピング枠とカードローン枠の合計が、最大500万円まで上限を設定することができます。
他社から借入金がある場合は、借入れ総額が、カードのキャッシング上限枠+他社での借入金、この合算が3分の1以内ならOK!

 

これを超えると、法律によりクレジット会社が、貸付できないこととなっています。
また、独身ではなく収入のない扶養家族がいる場合は、生活維持費が独身の時よりもかかるため、より枠は狭くなります。

 

キャッシングについてはこのように利用可能上限の決まりがあるのですが、クレジットカードのショッピング枠はどうなのでしょう?
以下では、そのショッピング枠上限について、お話しています。

ショッピング枠も規制の対象なの?

2010年の法改正により、キャッシング融資に、上限が設けられました。
それは、年収の3分の1以上すでに借金をしている人に対して、金融機関はキャッシング枠を新たに提供することができない、というものです。

 

同じくクレジットカードのショッピング枠にも、改正割賦販売法が適用され、カード発行や更新時に、当事者の支払い可能見込み額が調査されることとなりました。
なお、規制対象は、リボ払いや分割払いのみで、1回払いは対象外となっています。

借入総額が100万円以上になると・・・

借入金総額が他社を含めて100万円を超える場合は、カードお申込み時に収入を証明できる書類を提出する必要があります。
アコム店頭やむじんくんの場合は書類持参で、WEBや電話でのお申込みの場合は、FAXを使って送信します。

 

また、利用可能上限枠を50万円以上に設定する場合も、同じく収入証明書が必要となります。